<リヤホイールチューブのバルブ部抜け>

先日、ほかいど長期ツー途上の道内高速道路上で、バイク側リヤタイヤがパンクする事象が発生した。

リヤホイールを外してタイヤを外し、チューブを確認してもバルブ部が抜けた以外の穴等は確認できなかった。バルブ部から息を吹き込んだら普通に膨らんだので。

後から道内の整備士に言われたが、チューブですタイヤだとチューブレスタイヤと異なりホイールとタイヤの密着度が低い為、高トルクを掛けたりした際に内側のホイールと外側のタイヤがずれる際、チューブもタイヤに引っ張られ、タイヤバルブ部にストレスが掛かって抜けてパンクする、と。

まあ、一応オフ車のKLX125Cに騎乗していたのである程度理解はしていたが、URALでも起こりうるとまでは考えていなかった。

ほかいどツーでは積極的にダートに突っ込んだりして、道道フラットダートを40〜70km/h位で快走したりとお遊びが過ぎたトコロも無くはなかったのでチューブが拠れて、とどめに高速走行でバルブ部が抜けたのだと思われ。

対策としては、バイク側リヤだけでもオフ車のようにビードストッパー/リムロックを付けてホイールとタイヤがずれないようにする事だろう。
が、ウラルサイドカーにビードストッパー/リムロックを着けている情報は手繰っても出てこないし、ウラル用サイトで用品もヒットしない。

で、測定の結果、接地面側ホイールリム内径は約67oだった。 ≒2.50インチ用リムロックで問題無いだろう。

機体要修理故、実線投入はまだ先になると思われだが、また報告する。




2017/09/17

補記  1    ウラルのタイヤチューブの適合

実のところ、道中二度バルブ部抜けでチューブを駄目にしてマウントしている予備ホイールと携行している予備チューブを使い切った状態で、自身のチョンボで換装時に数多くパンクさせてしまい、直したものの結局エア漏れで駄目になり最果ての根室付近で往生する事になった。

この時、現地のGSやライダーハウスの伝手で、オフ車用18インチチューブを探し出して中古品だがソレに換装して代用する事で急場を凌ぐコトが出来た。

18インチを19インチに代用する位なら可能。
4.00インチは110oと近似なので、110の18インチ等一般的オフ車の後輪用タイヤチューブで何とかなるコトを頭の片隅に入れておくと良いだろう。

2017/09/17